金継ぎについて


金継ぎ』といいましても、にゅう(釉薬の貫入ではなく磁器や陶器にひびがはいってしまい割れ切っていないもの)を繕うだとか
割れてなくなった部分に全く違う器の破片をもってきてつくろう『共繕い』など 様々な繕い方があります。

また、【金】だけでなく【銀】で継ぎます銀継ぎや、黒呂色という黒い色の漆で繕いテロっとした漆の【黒】でかっこよく
継ぐ方法など、色の種類も実は金色だけではないのです。

欠けや割れのある陶磁器の色合いで、どんな色合いがこの器をグッとひきたててくれるだろう? 
と考えて頂き その器に合った色合いで継ぐことがベストではないでしょうか。

麦漆』という小麦粉と漆を混ぜてつくるものを接着の際は使用いたしますので、体にも害がありません
漆、小麦粉 共にナチュラルなものですので骨董品や置物などだけでなく食器の繕いにも問題なく使用できます。

大事にされている骨董品や、花器、食器や急須など、欠けているところ、ひびのような にゅう が入っていませんか?
その欠けやヒビ部分に煌びやかな差し色が入るだけで、より一層かわいらしく愛着の湧く相棒に生まれ変わること間違い無し!!です。

  プロフィール  PR:無料HP  大宮自動車教習所  Webデザイン 学校  エスペリア  中古ホイール 神奈川  タイヤ クラウン 激安  声優 専門学校  中古部品 バイクパーツ  タイガーアイ  白井 リフォーム  株プロフェット 勝率  ヴォルヴォ 中古  名簿業者